大学院より

レペゼン岐阜

ココ最近

最近プロジェクトの履修を変更しました。

平たく言うと、前居た研究室みたいなやつ(体験拡張環境PJ)を辞めて新しい研究室みたいなやつ(あしプロPJ)に入りました。

このブログポストなんで書いたの

同級生や先輩方から、リアルワールド/インターネット問わず色々な言葉をいただきました。

心配の言葉とか、「今までよく頑張った」みたいな言葉、「研究が嫌なら辞めれば良いんじゃない?」みたいな的外れで心外で失礼極まりない言葉など。

周りの人たちは色々な想像を膨らませていることと思いますが、ここには私の思いの内を書いておこうと思います。

8月から9月にかけての私

卒業生の方に話を聞くと口を揃えて「研究テーマは早く決めたほうがいい」、「早くから活動したほうがいい」と仰ります。僕もそう思います。

なので一刻も早く修士研究のテーマを決めようと躍起になって思案していました。

体験拡張では週一回のミーティングがゼミ形式で、PJメンバが一週間の間に進めた研究内容を発表します。

私は100%の力で「この研究テーマで行くぞ!!!」の旨を発表しては、雄弁なPJの先生方のツッコミに太刀打ちできず、様々な研究テーマをボツにしていく2ヶ月を過ごしました。

そもそもなぜ体験拡張に入ったの

導入科目も終わった6月初めにIAMASではプロジェクトの説明会が一斉に行われます。

一回の説明会タイムで幾つかのプロジェクトが重なっているため、全8つくらいあるPJの中で説明を聞くことができるのは3つほどです。

話を聞いた3つのPJの中で、自分の技術を活かすことができ、コーディング技術のスキルアップも図れ(ると思っていた)、何となくの興味とも合っていた体験拡張に入ることにしました。

ちなみにあしプロと体験拡張の説明会は奇しくも同じ日時でした。

何で体験拡張辞めたの

PJが本格的に始まってから薄々感じていたことですが、私の本当に興味のある内容は体験拡張ではなくあしプロでした。

そのため私はプロジェクト実習が始まった直後からあしプロの方も聴講をしていました。正規メンバーの人よりは断然少ないですがアイデア出しにも参加していました。

また、あしプロに加えて私は今OTON GLASSというIAMASの卒業生の方が起業されたスタートアップにインターンに行っています。

興味のあるあしプロのアイデア出しやインターンでの仕事など、M1の内にしか体験できない色々なことをしていると、週1回の体験拡張のために進捗を生み出すのが足枷になってしまっていました。

また、この2ヶ月で肝心の体験拡張ではただただ研究計画を考えていただけで何もモノを作れていませんでした。私の性格ではこのまま体験拡張に居ても研究計画は決まらないし、何も得られるものが無いのではないかと感じていました。

そして季節は秋になりました。10月といえば年度の節目でもあります。私は上記のような理由の下、PJを変えるならもう今より先は無いと思い、10/09付けで事務局に履修変更届を提出してきました。

もしも未来の後輩がこのブログポストをみていたら

プロジェクトを途中で変更することは常識的に考えて百害あって一利無しといった感じですが、もしも所属PJに疑問を感じたら他のPJを聴講しに行くのもいいかもしれません。