大学院より

レペゼン岐阜

IAMAS生活-3

モチーフワークの前半が終わった。最終日は学生一人一人の作ったウォールの前で学生が5分を目安に口頭発表し先生方の質問時間が5分間設けられているといった形式。

 

発表に関してはフォーマットが何も提示されていなかったが自分のバックグラウンドとIAMASでの研究計画を軸に発表していた人が多い印象。もちろんバックグラウンドに多くの時間を割いた人も居ればIAMASでやりたい事について重点的に話した人も居て多様だった。

後に私の発表を見ていたM2の先輩に感想を伺った。何となく問題点や改善点が見えてきた気がする。いつか、この大学院での最終発表の時には先生方を驚かせるような、見違えたような発表をしたい。 #A_FEEL_OF_YATTEIKU.

www.youtube.com

今週の応援歌