大学院より

レペゼン岐阜

ここ最近

書く事を怠ると文章力が落ちると誰かが言っていた。久しぶりに文を書こうと思った。

オープンハウスについて

オープンハウスでは「ブレーンストーミングを支援するシステムの開発」と位置付けた研究の習作として、word2vecを用いて測定した"岐阜"から発せられた言葉までの距離を正規化し、Webページ上に表示するシステムを制作した。

説明は難しかったが「AIを用いて測定しています!」と言うとまあまあウケは良かったという感じ。説明をした中にはエンジニアの方や情報系の学部生の方も居たのだが、そういう方達にはローテクノロジーだと一発で見抜かれたと思う。

主査先生の言葉をお借りすると、「ローテクノロジーでもいいから意味があるものを作らないといけない」に尽きる。僕もそう思う。

自分なりの「コンセプトで殴れ。それが出来ないならテクノロジで殴れ。どっちも出来ないなら作るな。」を念頭に置いていきたい。

修士研究について

オープンハウスの準備をしている段階からブレーンストーミングを支援するシステムの開発」に限界を感じていた。プロジェクトの先生から「この研究の先に修士が見えると思うかい?」とも言われていた。この研究で修士は取れないと僕も思っていた。

8月に入ってからプロジェクトミーティングが2回開催されて、その時に修士で何をやりたいかを真剣に考えプレゼンテーションした。

体験拡張の先生方は意見に対しての否定はあまりしない。「それをやるためには◯◯を読め」、「まず◯から調べろ」と建設的な意見をくれる。

プレゼンし終わった後にhrr先生がボソッと「本当にそれでやるのか」と言ったのが聞こえてしまったが、自分のやりたい事をやろうと思う。

何やるの

「シンギュラリティ」を人々に伝え、恐怖を煽る研究をします。

オープンハウスに参加した

参加しました。

前日にこの上ないThe show must go on感に見舞われて君の名はを見ました。エモい気持ちになりました。

所属している体験拡張環境プロジェクトで今やっている研究を展示しました。

土曜日は7月の推薦入試で合格した方数人に会えました。来年はテクノロジが分かる人が何人か居そうなので少し面白そう。

土曜夜はNxPCでライブしました。2年くらい温めてたJukeセットを人前で流してまあ満足。

嘘です。わたぬき先輩の知り合いっぽいキラキラ女子ズの皆さん、僕らの展示の話を真剣に聞いてくれて嬉しかったです。

IAMAS LIFESTYLE SHOWCASEも展示してました。土曜日の朝2時くらいにロフトでハレパネを切りまくってました。

まとめ

M1後半戦も気合い入れていっぞ!!!!

www.youtube.com

外でDJをした

Interim ReportというNxPC.Lab絡みのイベントでDJさせて頂きました。

<http://interim-report.org/>

初めての東京でのDJ。初めての大箱。

出番が一番最初だったのでアンビエントみたいな落ち着いたジャンルから始めようかと考えていましたが、やっぱり好きなジャンルを流したいという気持ちがあって、本番ではダブステップ(バキバキじゃないやつ)を流しました。

出番後に話した人からの評判は上々だったのでホッとしました。SNSでの反響が無かったのが少し残念でしたが。

全ての出演者様、関係者様、お客様に感謝です。

 

今週のオープンハウスでもDJします。ハーフステップとか流したいな〜と考えつつ中々準備する時間がなくて困りどころ。

プロジェクト

導入科目が終わりました。

やっと慌ただしい毎日から解放されると思っていたら、、、

プロジェクト実習が始まってまた忙しくなりました。

What is Project

平たく言うと研究室です。

ただし形式は色々。

普通の大学の研究室みたいに週一のゼミで研究の進捗報告をするところとか、根尾地区って山奥の集落で社会実装について考えてる人たちとか、企業との共同研究でデザイン思考でモノづくりしてる人たちとか。

About My Belonging Project

体験拡張環境プロジェクトって言うプロジェクトに入りました。

www.iamas.ac.jp

コンピュータを使った表現に強い先生方の運営してるプロジェクトです。

自分の作りたいものを作れる良いプロジェクトです。

プロジェクト同期のいいじまくんはもう9月の学会で発表する準備をしてるみたいです。スピード感。

プロジェクトは週一のミーティングで制作/研究の進捗を報告して先生からのレビューを頂く形式です。たまに論文の輪読会をします。

 

あと、あしプロってプロジェクトを聴講しています。

www.iamas.ac.jp

アットホームな職場です。たとえ聴講でも容赦無くタスクを割り当てられますが、勉強になります。

がんばるぞー

エイエイオー!!!

ライフログ002

所属しているNxPC.Labってプロジェクトの新入生主催イベントでDJをした。

反省

イベントを通してそんなに盛り上がらなかった。終始お客さんがフロア真ん中より後ろに固まってしまっていたので、やはりNxPCメンバで積極的にフロアの前の方に立って、お客さんが盛り上がれる環境を作らなければならないと思った。

僕のセットリストにも反省点はある。

最初のIAMAS非公認校歌と大垣ッズの曲は知らない人も多い事を知った。みんなが知っている前提があってこそ成立するネタ選曲だったので危ない橋だったと思う。

その後のクラブミュージック->インターネットミュージックの辺りは中々良い流れだったと思う。ただそこからスキマスイッチに強引に流れを変えてしまったのは良く無かった。反省。

学び

僕がクラブカルチャーに浸かっていた人間だったのに対し、今回とても多くの場面で助けてくれた、PAのプロの岸本くんや、バンドマンの荏原くん、偉大な先輩の大和さんがライブハウス文化の人間だった。転換にかける時間の事や、開場と開演に関する認識の齟齬があって大変だったが少し面白かった。

まとめ

再現録りました。

www.mixcloud.com

To Be Announcedなのですが7月にもNxPC.Liveあります。僕もDJ or 何かパフォーマンスします。いごヨロシク。

IAMAS生活-4

今日はプロジェクト技術演習という授業の初日だった。

続きを読む

IAMAS生活-3

モチーフワークの前半が終わった。最終日は学生一人一人の作ったウォールの前で学生が5分を目安に口頭発表し先生方の質問時間が5分間設けられているといった形式。

続きを読む